お酒,  カクテル

スマートに酔わせろ!レディーキラーカクテル

                         Edited by オカタク

ブログをご覧の皆さんこんにちは。CLUB PICCADILLYのオカタクです。

いやー、男性の皆さん。ほろ酔いの女性って良いですよね。

そして、女性の皆さん。テキーラやカミカゼではなく美味しいお酒で酔いたいと思いませんか?

そこでご紹介したいのが!

ナイトクラブのバーテンダーお勧め!お洒落なBARで、ナイトクラブで、時には居酒屋で!女性を酔わせる魅惑のカクテル。

通称「レディーキラーカクテル」

「レディーキラー」は、その名の通り「女殺し」のお酒。

見た目は女性好みな美しさで、甘い口当たりで飲みやすく、一見アルコールがそんなに含まれていないのでは?と思わせるようなカクテルを紹介していきます。

まずは王道。差し当たって様式美として。これを語らずして何を語ろうか。

最早有名すぎて下心丸出し。

Googleで検索をかければ「お持ち帰り」と出てくるほどの、なんとも可哀想で不憫なカクテル。

そして、長すぎて名前覚えてもらえない。

ここまで言えばもうわかるでしょう。

そう、

・ロングアイランド・アイスティー。

紅茶を一滴も使わずに、見た目および味を紅茶に近づけた点が特徴のロングドリンク。

ウォッカ、ジン、テキーラ、ラムなど混ぜるお酒の種類も多く、作ってる最中に何故か歓声が上がることも。

そして、連続で頼まれると非常に厄介でバーテンダー泣かせのカクテルでもあります。アルコール度数は25~30%にもかかわらず非常に飲みやすい。

危険です

さて、お約束の紹介も終わったところで、今回はあまりお酒を飲めない警戒心強めの女性向け、アルコール度数5~10%のカクテルを3つご紹介します。

・カルーアミルク

アルコール度数は6%と低めで、ミルクとコーヒーのリキュールでカフェラテのように飲みやすいカクテル。

は?と思った男性。ありがとうございます。これには大きな理由があります。

ミルクでまろやかになるためにアルコールを感じにくいこのカクテルはリキュールの分量を増やしても風味が大きく変わりません。

“濃いめ、バレない、カルーア”是非覚えましょう。

・シンガポールスリング

シンガポールの最高級ホテル、ラッフルズのバーラウンジで誕生したカクテル。

考案者の名前はニャン・トン・ブーン。スリングは”飲み込む”という意味です。

ジンベースのカクテルでアルコール度数は9%前後。

ピンク色で見た目も良く、甘くて飲みやすいので警戒はされにくいでしょう。

“考案者の名前はニャン”是非覚えましょう。

・セックスオンザビーチ

はい、エロス

いいですねー。どこでしとんねん、と。

ウォッカベースのカクテルで、アルコール度数は10%前後。

トムクルーズ主演の映画「カクテル」に登場し有名になりました。

名前の由来は諸説ありますが

T-Spoonの楽曲 “Sex On The Beach”に由来している、という説もあれば

フルーティーでとても甘く、口当たりのよいカクテルであるため、酔いが回るのが早く、浜辺でのナンパで最適なカクテルだから……という俗説もあるようです。

また歴史の浅いカクテルの為、レシピは作り手や店によって様々なバリエーションがあります。

ちなみに、DNCEのヒット曲「Cake By The Ocean」は

彼らのマネージャーがSex On The Beachを思い出せず、「あのカクテルの名前なんやっけ、ほら、Cake By The Oceanみたいな名前の」と言い間違えたことから誕生しました。

“ビーチでセックスの隠語は浜辺でケーキを食べる”

是非覚えましょう。

今回はここまで。

低い度数でも勝負出来るカクテル、使いこなせればかなりの上級者なのではないでしょうか。

次回10~30%編でお会いしましょう。

https://www.suntory.co.jp